女性の腎ye腎炎の症状、診断方法、治療および予防措置

女性の腎ye腎炎は、子供や成人男性よりも一般的です。病気の発症は、女性の体の構造的特徴によって促進されます。女性の尿道は短く、幅が広いので、感染症は膀胱に入りやすく、そこから腎臓に入ります。

この病気は、劣悪な衛生状態、風邪、膀胱炎、頻繁な性交、妊娠、長期の月経、腸感染症、子宮の病気、卵巣、高齢者-膣の水分の減少、およびその他の要因によって促進されます。

主治医はそれを考慮に入れます 女性では、病気は急速に発症する可能性がありますしたがって、個々の治療計画を規定しています。不適切な治療または中断された治療では、細菌環境が腎臓に残り、病気が慢性になる可能性があります。

私たちの記事から、女性の腎ye腎炎の症状、徴候、その治療法:食事、処方薬、およびこの病気の薬を服用するレジメンについてすべて学ぶことができます。

原因と原因物質

腎臓または膀胱で尿の分泌が遅れると、病気の原因物質は活発に増殖します。 この病気は1種類以上の細菌を引き起こす可能性があります:

  • ブドウ球菌
  • 大腸菌
  • 連鎖球菌
  • 下品なプロテウス、
  • クレブシエラ
  • シュードモナス
  • プロトプラスト
  • マイコプラズマ
  • レプトスピラ。

この病気は、ウイルス、真菌を引き起こす可能性があります。 腎lone腎炎の発症は以下によって促進されます:

  • 低体温
  • ビタミン欠乏症、
  • 心血管障害
  • 糖尿病
  • 肝疾患
  • 妊娠
  • 腎臓結石
  • 腎臓の先天異常、膀胱、
  • 間質性腎炎。

メイン

腎lone腎炎は急性または慢性です、治療レジメンは、患者の年齢、状態を考慮して個別に割り当てられます。

腎lone腎炎は 一次、二次、片側または両側。急性腎炎は漿液性または化膿性です。急性腎炎は腎car、壊死性乳頭炎を引き起こす可能性があります。

慢性付属器炎の治療方法、治療に関する推奨事項は医師によってどのように与えられているかについて学びます。

大腸炎で治療されるもの、危険な病気の主な兆候は何ですか、特別なレビューを読んでください。

このページでは、女性の尿道炎の急性型の治療について説明します。最も効果的な薬物の説明、伝統医学のレシピです。

妊娠形態

妊娠性腎lone腎炎は細菌と呼ばれます 妊婦の腎臓への損傷。妊娠中、子宮は増加します。それは内臓を押し、それらを動かします。

時には、圧力のために尿管が挟まれ、腎臓から膀胱に尿が入ります。尿はよりゆっくりと流れ、停滞し、腎臓が拡張します。

停滞した尿は、病原菌の繁殖にとって好ましい条件を作り出します。

診断は症状に従って行われます。、尿および血液の分析結果によると、超音波、放射線撮影の結果による。妊娠前であっても、女性が慢性疾患と診断された場合、尿の停滞が悪化を引き起こす可能性があります。

この病気は、妊娠の前半に最も頻繁に発生します。細菌毒素で体を中毒しても胎児の腎臓には影響しませんが、妊婦の全身状態を悪化させ、流産を引き起こす可能性があります。

症状と徴候

女性は、発熱、関節痛、筋肉痛、頭痛、頻尿、脱力感、タッピングと腰を押すときの不快感などの症状が同時に現れる場合、病院に行くべきです。

痛みは多くの場合、歩行、曲げ、身体の動きによって悪化します。

上記のいくつかの症状が現れたとき 女性は医者に診てもらうべきです自己治療よりも。

この病気は妊娠中の女性と年配の女性に影響を及ぼします。

正しく診断された診断は、病気を治し、同様の症状を持つ他の病気を除外します(骨軟骨症、筋肉の緊張、神経根炎で腰痛が発生します)。

急性疾患の治療方法

タイムリーな診断により、正しい治療計画、妊娠中の女性を含む急性腎炎は、痕跡もなく治癒することができます。

治療には以下が含まれます:

    バランスの取れた量のタンパク質、炭水化物、脂肪を含む栄養。辛いスパイス、辛い調味料、唐辛子、酢、酸っぱい果物、肉汁と肉汁、肉、野菜と果物の缶詰、ココア、コーヒーは、食事から完全に除外されています

患者に心不全がない場合、尿は通常排泄され、多量の飲酒が示されます:コンポート、ローズヒップスープ、適度な量の果実を含むフルーツドリンク、ゼリー。

女性が糖尿病にかかっている場合、内分泌専門医に相談した後、飲み物は砂糖代替物で調製され、

  • 抗菌薬(抗生物質、スルホンアミド、オキソリン酸またはナリジクス酸の誘導体、ニトロフラン)の指定。患者は症状が消えるまで薬を服用しますが、
  • 抗炎症薬(パラセタモールなど)の任命。
  • 妊婦の急性腎lone腎炎を治療し、抗生物質を処方するとき、医師はそれを考慮します 妊娠の最初の三半期には半合成製剤のみが示されます (オキサシリン、アモキシシリン、アンピシリン、アンピオク)および天然(フェノキシメチルペニシリン、ベンジルペニシリン)ペニシリン。

    薬は、錠剤、筋肉内、静脈内、点滴の形で処方されます。 医師が決定する投与計画薬物が胎盤関門を通過する際の胎児への潜在的なリスクを評価します。

    薬は授乳中の母親の母乳にも浸透します。薬はコースで服用する必要があり、その期間は医師によって決定されます。

    妊娠第2期と第3期では、医師はさらにマクロライド(エリスロマイシン、オレアンドマイシン、クラリスロマイシン、ロキシスロマイシン)、セファロスポリン、尿路消毒薬5-NOC、フラギン、ビセプトール、ネビグラモンを処方します。薬はまた、医師が処方したように、1日1から4回、コースで服用されます。

    これらの薬は通常、錠剤の形で処方されます。投与量は150〜500 mgです。

    抗生物質による自己治療は受け入れられません。正しい治療法を開発および管理できるのは医師だけです。この治療法では、急性の病気から慢性的な病気への移行はありません。

    女性の腎lone腎炎に対する薬物治療の成功は、腎臓がどのように尿を排泄するかにかかっています。

    薬物の最大のリターンは、尿の正常な排出でのみ可能です。

    そうでなければ、患者は重篤な合併症を経験する可能性があります-細菌性ショックは病気の経過を複雑にするだけでなく、場合によっては死に至る可能性があります。

    腎不全では、抗菌剤は減量で処方され、投与間隔が長くなります。腎不全では、ニトロフラン、テトラサイクリン、ゲンタマイシンが慎重に処方され、状態の変化を制御します。

    鎮痛剤は鎮痛剤として処方されています。鎮痙薬(No-Shpuなど)。患者は利尿薬、ビタミン、抗貧血薬、トレンタル、ヘパリンなどの腎血流を改善する薬を服用する必要があります。

    どの薬物が更年期障害に処方されているか、病気の不快な症状を取り除く方法については、当社のウェブサイトをご覧ください。

    次の記事では、女性の膀胱炎症の原因、治療の推奨事項、および病気の予防策を見つけます。

    また、女性に頻尿や尿失禁がある場合にどのような病気を議論できるかを調べてください。詳細はこちら:https://beautyladi.ru/nederzhanie-mochi-u-zhenshhin/。

    慢性疾患治療レジメン

    これは何年も続く不治の病気です。、周期的な減衰と悪化を伴う。

    人が個人衛生を維持し、医師が処方した薬と手順を取り、病気の経過を監視し、増悪の場合は直ちに医療援助を求めれば、完全な回復が可能です。

    慢性型の病気の治療には以下が含まれます:

    1. 急性腎lone腎炎に規定されているものと同様の食事の遵守。違いは、治療食を長期間観察しなければならないことです。
    2. 尿の流れに遅れがない場合、多量の水分を摂取する。
    3. 抗菌、抗炎症薬の受け取り。
    4. 免疫を高める薬物療法(ガンマグロブリン、メチルウラシル)。
    5. 自動予防接種、自己血液療法。
    6. 理学療法の手順。
    7. 利尿薬、ビタミンの受容。
    8. 医師が処方したマルチビタミンや他の薬を服用します。

    理学療法の手順は、腰部に対する中程度の温熱効果で構成されています。手順は、泌尿器科医と相談した後、診療所または自宅で行われます。

    症状が緩和されている期間または完全に不在の期間 医師はスパトリートメントのコースを処方することがあります (患者に腎不全、貧血、尿排出の問題がない場合)。

    科学医学では、病気の慢性的な経過の中で、薬用ハーブの煎じ薬を注入することを推奨しています。

    抗炎症および利尿薬として、クマベリーの葉、ジュニパーベリー、フィールドスギナ、複雑な「腎臓コレクション」、マシュマロ、ブラックエルダーベリー、コケモモ、イラクサ、カモミール、エレカンパイン、セントジョンズワートは、抗炎症および利尿薬として適しています。ほとんどのハーブは、水浴で醸造された後、数時間にわたって絞られてから固められます。

    慢性腎lone腎炎では、抗生物質療法のコースは急性よりも長くなります。抗菌薬は2週間以内に使用され、その後、医師は別の薬と交換します。

    医者は薬を組み合わせる病気の経過を監視し、治療計画を適時に調整します。長期の治療により、医師は薬の服用中に休憩を処方することができます(2〜4週間)。

    このビデオクリップから、腎lone腎炎の診断とこの病気の治療方法についてさらに学びます。

    病気が治療されない場合、腎臓からの炎症過程は他の内臓および周囲の組織に行くことができます。

    腎lone腎炎の重篤で生命を脅かす合併症を防ぐために、女性はタイムリーに医師を受診する必要があります。疾患に適した治療法を選択できるのは専門家だけです。

    病気の原因

    慢性または急性型の腎ye腎炎の原因は、さまざまな微生物です:大腸菌、緑膿菌、プロテウス、エレウテロコッカス、ブドウ球菌。

    上記の細菌は、排尿の妨げによる尿の排出、膀胱の溢れ、発達異常、結石、高張性による膀胱内の圧力上昇とともに腎臓に浸透します。

    以下の要因は、病気の発症または可能性を引き起こします:

    • 糖尿病
    • 風邪
    • ストレスの多い状況
    • 免疫力の低下
    • 性感染症
    • 循環障害、
    • 泌尿器系の臓器のリンパドレナージと同様に、
    • 過労
    • 腎臓結石と砂、
    • ビタミン欠乏と腫瘍プロセス。

    臨床像の発現

    女性の腎ye腎炎の症状は、炎症過程の段階に依存します。

    急性腎lone腎炎では、片側または両側に腰痛が現れ(急性)、圧力により不快感が強くなります。

    特に、体温が上昇し、発汗、排尿時の痛みが現れ、同じ飲酒レジメンで尿量が減少し、患者がのどの渇きに苦しみ、排尿が増加し、頭痛、吐き気、嘔吐が見られます。

    病気の追加の急性症状が発生する可能性があり、これは特に若い女の子に特徴的です。すなわち:

    • 通常の食事で急激な体重の増加または減少、
    • 淡い灰色の肌の色調の外観、
    • 過度の緊張
    • 腰部の腫れ、
    • 膣分泌物
    • 性器の痛みやかゆみ。

    慢性腎lone腎炎は急性治療を不十分な治療に置き換え、次の特徴があります。

    • 腰の痛み(鈍痛)、
    • 片側のみの不快感
    • 温度の上昇(風邪の兆候なし)38
    • 歩行時の背中の重さ、運動、
    • 胃の痛み、頭、
    • 頻尿、
    • 圧力上昇
    • 絶え間ない寒さ(そして暑い日)、
    • 弱点
    • 顔や手足の腫れ、
    • 過敏性。

    寛解中、病気は通常治まり、いかなる形でも現れません。しかし、圧力の増加と弱さの状態は排除されません。

    病気の分類

    腎lone腎炎の分類に関する単一の基準はありません。この点で、病気は特徴に応じて分けられます。

    病気によって損傷を受けた腎臓の数によって:

    • 片側腎type腎炎は、片方の腎臓の敗北を示します
    • 両側性タイプ。これは、2つの臓器が同時に敗北することを示します。

    病気の発生により:

    • 炎症のプロセスが誘発因子なしで健康な身体で検出される主要なタイプ、
    • 二次タイプ、病気の開発は他の病理学的プロセスの背景に対して発生します。

    次に、このタイプの病気は次のように分類されます。

    • 尿を出る経路の開通性が維持される場合、邪魔にならず、
    • 閉塞性、先天性、遺伝性、後天性の原因により尿を除去する経路の開通性が損なわれている場合。

    コースの性質により:

    • この種の疾患が急性型で始まる場合の疾患の急性型(高熱、激しい痛み、圧力の上昇があります)。

    次に、次のように分割されます。

    • 漿液性、影響を受けた臓器に透明色の液体内容物が含まれる場合、
    • 腎臓に膿があると化膿します。

    病気の慢性形態。病気が6ヶ月以上続く状況で診断され、影響を受けた器官のしわの出現が観察されます。このタイプの腎lone腎炎は、以下の形態になります:

    • 活動期、症状が病気の急性型に現れる場合(中程度の痛み、尿の組成の変化、体温が低い)、
    • 潜伏期、症状がわずかにぼやけている(尿の流出の違反、尿の色と種類が変化した)、
    • 症状が観察されない寛解期。適切な研究の助けを借りて病気の存在を検出できるのは専門家だけです。

    細菌感染症の体内への浸透方法:

    • 細菌が尿道を通って尿路に入り、膀胱と腎臓に入ると、上行性の病気
    • 感染が他の炎症を起こした臓器からのリンパ液または血液の流れで浸透する場合の下方型の病気

    診断手段

    この病気の症状は他の多くの病状と似ているか、またはプロセスが潜在的な形で進行するため、病気の発症の初期段階で腎lone腎炎を診断することはしばしば不可能です。

    腎lone腎炎は、他の疾患の検査中に患者によく見られます。

    この点で、腰部にわずかな不快感さえあれば、すぐに腎臓病学または泌尿器科の専門医に連絡する必要があります。

    腎lone腎炎は、以下の疾患と容易に混同される可能性があります。

    • 感染プロセス-敗血症、マラリア、
    • 腎空洞が拡大し、臓器が機能しなくなる水腎症、
    • 急性膵炎(膵臓の炎症過程)、
    • 腎空洞が化膿性の腫瘤、結石または尿で満たされている腎ye腎症
    • 虫垂炎
    • 胆嚢炎は胆嚢の炎症過程であり、
    • 腎梗塞-腎臓の血管の閉塞により、組織の壊死が起こる状態、
    • 尿が急性段階にある経路の膿、
    • 肺炎
    • tine風
    • 脾臓梗塞、
    • 腎臓の糸球体の炎症が起こる急性期の糸球体腎炎。

    臨床検査

    それらは、病気を診断するために必ず行われるべきであり、すなわち:

    1. 完全な血球数、これにより、体内の炎症プロセスの存在を判断できます(ESRの増加、多数の白血球)。
    2. 血液化学、これは患者の体内の尿素、クレアチン、カリウムの量を決定します。カリウムが増加すれば、腎不全について話すことができます。
    3. 尿検査。腎lone腎炎では、尿の色が濃く、タンパク質が検出され、尿のレベルが検出されます。
    4. 培養のための尿検査、医師の助けを借りて、患者の抗生物質の名前を定性的に決定します。
    5. Nechiporenkoによると、尿検査は、赤血球と比較して白血球の数を増やすことができます。
    6. プレドニゾンテスト 潜在的な形で進行する疾患を検出することを可能にします。研究を行うには、女性に静脈内に薬剤を注射し、その後、1、2、3時間後に尿の一部を採取する必要があります。 24時間後、分析は調査に送信されます。白血球数の増加が検出された場合、腎ye腎炎の診断が確認されます。
    7. ゼムニツキーによる尿検査尿密度の低下が検出される場合があります。

    医師は検査を受けることに加えて、追加の研究を処方する場合があります:

    • 腎臓の超音波は、体の一般的な状態を評価するために、
    • 腎臓の可動性のアイデアを与える排泄性尿路造影、
    • コンピューター断層撮影、それを使用して、超音波と比較して腎臓をより詳細に研究できます。
    • 膀胱内圧測定、膀胱内の病理学的プロセスを明らかにします。
    • 膀胱造影は放射線不透過性の研究です。

    また、女性は婦人科医を訪問する必要があります。

    治療法

    腎form腎炎の急性型または急性期の慢性型では、患者は病院に行きました。

    尿流出に違反した場合、または化膿性プロセスの進行に伴い、手術が行われます。また、自宅での治療も可能です。

    腎lone腎炎を取り除くために、医師は抗生物質の使用を処方しています。そのような薬物に対する感受性を明確にして、培養のための尿検査を受けることが最善です。

    病気が急性の場合、広域抗菌薬(シプロレット)がすぐに処方され、結果を受けた後、治療が調整されます。抗生物質は2〜3週間使用されます。

    また、低体温症から身を守るために、高湿度の寒さの中にいることを排除する必要があります。

    どのような場合でも、トイレに行きたいという最初の衝動で尿がたまってはなりません。医師はダイエット食品と飲酒を処方します。服用のための追加薬:

    • 抗炎症剤:ビスセプトール、バクトリン、
    • 抗アレルギー薬:スプラスチン、クラリチン、
    • 腎臓の微小循環:アミノフィリン、トレンタル、
    • 免疫:ライコポッド、免疫、シクロフェロン、
    • ビタミン複合体:硝子、賛辞、
    • 植物調製カネフロン。

    薬物療法に加えて、病気を取り除く別の方法を使用して有効性を達成することができます。ベアベリーとスギナのハーブは、腫れ、イラクサ、ローズヒップを取り除くのに役立ちます-出血を止めます。

    腎lone腎炎の予防と複雑な治療には、カネフロン、腎臓茶、フィトデザイン、シストンが使用されます。

    いかなる場合でも、合併症を避けるために治療を独自に処方すべきではありません。

    腎lone腎炎-それは何ですか?

    腎lone腎炎の診断は、腎の線維性基部を形成する間質組織、ならびに骨盤および尿細管に感染性および炎症性プロセスが存在することを意味しますが、腎血管および糸球体に損傷はありません。

    この点で、病気の初期段階では、腎臓の主な機能(尿のろ過)は損なわれませんが、長期にわたる治療や不適切な治療では、炎症は糸球体の血管にも影響を与える可能性があります。

    腎lone腎炎は、急性または慢性の形で発生します。多くの場合、片方の腎臓が冒されますが、両側の炎症プロセスも見られます。

    公正な性別での疾患の高い発生率は、女性の尿路系の構造的特徴と関連しています。

    • 尿道は男性よりも短い
    • 女性の尿道は、追加の感染源-肛門と膣の隣に位置しているため、微生物は尿道に素早くより簡単に浸透します。

    排泄システムの障害、最も一般的な病状、原因、症状、およびその治療方法:https://medknsltant.com/zabolevaniya-vydelitelnoy-sistemy/

    腎lone腎炎の原因

    女性では、上記の解剖​​学的特徴に関連して、骨盤および腎組織における上行性(尿性)感染経路が最初になります-膀胱炎、尿道炎、大腸炎、大腸炎、尿路結石症および尿路構造の異常、カテーテル留置の長期化尿の排泄。

    焦点が潜在的な原因になる可能性がある場合、感染の血行性(血流を伴う)の広がりも可能です-化膿性乳房炎、扁桃炎、パナリチウム、耳の炎症、さらには歯管の炎症(歯髄炎)。

    腎lone腎炎を引き起こす主な微生物は大腸菌です(すべての症例の最大75%)。

    残りの25%の症例は、クレブシエラ、プロテウス、黄色ブドウ球菌、腸球菌、緑膿菌、真菌感染症、クラミジア、サルモネラなどの摂取に関連しています。

    女性における腎lone腎炎の発生の危険因子は、身体の一般的な免疫の低下とともに発生する局在化のすべての長期にわたる病理学的プロセスです:糖尿病、骨髄疾患、神経学的問題(多発性硬化症)、HIV感染、化学療法または臓器移植後の状態。

    さらに、妊娠は慢性型の疾患を悪化させ、膀胱と尿管の成長する子宮の圧迫のために急性炎症プロセスを引き起こす可能性があります。

    女性の腎ye腎炎の徴候と症状

    慢性炎症はしばしばスムーズに進行し、女性の腎lone腎炎の症状は事実上存在しないか、低体温、疲労の増加、軽度の全身mal怠感の後の腰痛の不鮮明な不特定の訴えによって現れます。

    女性の急性腎lone腎炎の徴候は通常、より顕著です:

    1. 背中や側面の重度の痛みは炎症の側からの場合が多いですが、rib骨の下、下腹部、または明確な局在化なしにびまん性の痛みがある場合があります。
    2. 高温(38-40°С)、
    3. 吐き気と嘔吐
    4. 尿の変化(黒ずみ、血液または膿の外観、不快な臭い)、
    5. 排尿時の痛み、
    6. 顔と指の腫れの外観、
    7. 重度の弱さ。

    腎lone腎炎の診断

    診断を確立するには、いくつかの標準的な検査が必要です。

    • 腹部の触診を伴う泌尿器科医または腎科医の診察およびパステルナツキーの症状の判定(腎臓の投影で背中を叩く)。
    • 女性生殖器領域の問題を除外するための婦人科検査。
    • 尿検査:一般的、ネチポレンコによると、Zimnitskyによると、細菌叢と抗生物質への感受性の確立を伴う尿培養のタンク。
    • 血液検査:一般、生化学(クレアチニン、尿素、タンパク質の測定)。
    • 腎臓の超音波。
    • 複雑で重度の症例では、CT、MRI、排泄尿路造影、放射性同位元素スキャン、およびその他の方法に頼ります。

    女性の腎ye腎炎の治療、薬物

    治療は、尿の正常な流出の回復(結石の除去、膀胱尿管逆流の除去)および感染の焦点の除去を目的とする必要があります-腎ye腎炎の女性では、抗生物質、化学抗菌剤および尿路感染症が処方されます。

    この病気の急性型は入院と床上安静を必要とし、慢性型では外来治療が可能です。食事には、高含有量の軽質炭水化物、乳製品、大量飲酒が処方されます。

    急性腎lone腎炎の治療期間は10〜14日、慢性-6〜8週間から1年です。回復の段階で効果を強化するために、身体の免疫反応性(免疫調節薬、硬化)を高めることが推奨されます。

    慢性腎炎、それが何であるか、回復の可能性のある合併症と予後:https://medknsltant.com/hronicheskiy-nefrit-chto-eto-takoe/

    医療の準備 腎lone腎炎の治療:

    1. 抗生物質-シプロフロキサシン、セフロキシム、ゲンタマイシン、セフェピム、メロネム。
    2. 化学抗菌剤-フラギン、ニトロキソリン、グラマミン、ネビグラモン、パリン、バクトリム。

    薬は、病気の形態と尿からfromかれた植物の個々の感受性を考慮して、医師によって処方されるべきです。抗菌剤に対する感染抵抗性が発生しないようにするには、5〜7日ごとに変更する必要があります。

    腎ye腎炎の治療薬と一緒に、民間療法も可能です:抗炎症および利尿作用のある薬用植物(カモミール、クマコケモモ、セイヨウオトギリソウ、イラクサ、スギナ、コケモモ、コケモモ、コケモモ、クランベリー)からの薬、煎じ薬、お茶を注入します。

    腎lone腎炎の合併症

    急性腎lone腎炎の不正確または不適当な治療により、慢性型の疾患、腎膿瘍、血液中毒、時には低血圧やショックさえ発生する可能性があります。

    慢性プロセスも危険以上のものです-病理は徐々に慢性腎不全の発症につながります。合併症の発症に最も影響を受けやすいのは、妊娠中の女性と付随する病気の女性です。

    腎lone腎炎の予防

    病気の発症を防ぐために、過冷却せず、すべての炎症プロセス(急性呼吸器ウイルス感染症またはcar蝕からパナリチウムまたは外陰膣炎まで)を適切に治療し、正常な膀胱が空になることを確認し、親密なエリアの衛生状態を観察し、安全なセックスを実践し、消費された液体の品質と量を監視する必要があります(精製水、茶、ジュース-最大1.5-2リットル/日、炭酸甘い飲み物は除外する必要があります)。

    しかし、泌尿生殖器系疾患の予防には正しい診断とタイムリーな治療が不可欠です。したがって、上記の腎lone腎炎の疑わしい症状がある場合は、医師に相談してください。

    病気の結果

    治療が不十分な場合、腎lone腎炎は慢性化する可能性があります。

    ネガティブに治療した非治療の腎lone腎炎を含む。

    そのような状況の結果は非常に不快です。これは、腎uncがゲート領域で炎症を起こし、次に椎弓根に移行し、その後硬化性変化が起こる脚炎です。

    壊死性乳頭炎も起こり得、その結果、腎乳頭が死にます。腎壊死に至る腎不全も非常に危険です。

    病気の種類

    女性の慢性腎lone腎炎はさまざまな形で発生します。完全な診断により疾患の種類が特定され、効果的な治療法が選択されます。

    次の慢性腎lone腎炎の形態は次のとおりです。

    役職説明
    消去済み(潜在)患者は一般的なmal怠感と安定した温度(37°C)を訴えます。頭痛も邪魔です。効率が低下し、食欲が悪化します。
    再発病気の臨床像は波に現れます。増悪の後に寛解が続きます。腰が痛い、発熱が現れ、排尿のプロセスが中断されます。
    高張永続的な高血圧(二次性高血圧)が観察され、頭痛と心痛があります。女性にはめまい、息切れ、睡眠障害があります。排尿に問題があります。
    貧血一般的な衰弱、めまい、動が特徴です。 「ハエ」が目の前に現れます。血中のヘモグロビンレベルと赤血球数が減少します。
    アゾテミック腎機能が損なわれ、尿毒症の兆候が現れます。

    炎症プロセスの局在化によると、片側性または両側性の慢性腎lone腎炎が区別されます。病理学的変化が臓器全体に影響を与える場合、疾患の全種類が診断されます。腎臓の単一のセグメントまたは領域が影響を受けると、慢性分節性腎lone腎炎が発症します。

    病気の予防

    病気の予防のために、簡単なルールが守られなければなりません:

    • 泌尿生殖器の衛生状態を観察し、
    • 正しくバランスの取れた食事をし、
    • 寒すぎないでください
    • 少なくとも年に1回は婦人科医を訪れ、
    • 最初の症状が検出された直後に感染症を治療する、
    • ストレスの多い状況を避けてください。

    腎lone腎炎はかなり深刻な病気ですが、単純な予防措置を講じて、その治療に必要な治療コースを飲むと、予後不良を回避できます。

    ステージと学位

    腎管の急速で顕著な病変がある場合、慢性腎lone腎炎の発生には3つの段階があります。

    役職説明
    ステージ1萎縮プロセスは均等に発達します。腎糸球体は影響を受けません。
    2段階糸球体の炎症および尿細管の萎縮の初期段階、ならびに結合組織の増殖が観察されます。
    3段階多くの糸球体が死にます。細管が拡大されます。
    ステージ4萎縮プロセスは糸球体だけでなく、尿細管にも影響を及ぼします。腎臓のサイズが小さくなります。損傷した組織は瘢痕に置き換わります。
    この図は、女性の慢性腎lone腎炎における腎臓の変化を示しています。

    腎臓の病理学的プロセスの活動を考えると、病気の発達の次の段階が区別されます:

    役職説明
    活発な炎症急性期のフェーズ。体は、強い炎症プロセスを引き起こす感染症と戦います。
    潜在性慢性腎lone腎炎病気の症状は軽度です。病理学は潜在的な形で最長6か月間進行します。
    寛解期臨床徴候は一時的になくなり、回復期間が見られます。誘発因子の影響下で、疾患は再び活動性炎症の段階に入ります。

    悪化の間、慢性腎lone腎炎の症状は、急性型の病気の症状に似ています。正確な診断を確立することは、泌尿器科医の監督の下での医学的診断に役立ちます。結果に基づいて、医師は最も効果的で安全な治療法を選択します。

    外観の理由

    ほとんどの場合、慢性腎lone腎炎は内因性(内部)または外因性(外部)感染を引き起こします。最初のケースでは、病原性微生物叢はすでに女性の体内に住んでおり、特定の要因の影響下で活性化されます。外因性感染症は、外部環境から泌尿生殖器系に入る細菌です。

    病原体はより頻繁にブドウ球菌、腸球菌、大腸菌または緑膿菌、クレブシエラです。

    女性の慢性腎lone腎炎のリスクを高める特定の挑発的な要因があります。

    • 尿路系の異常な発達、
    • 細菌性膣炎、
    • 尿路の病気(尿道炎、膀胱炎、パートナーの細菌性精子症または細菌尿症、臨床徴候なしで進行)、
    • 女性の生殖器系の分野での炎症プロセス(膣炎、外陰膣炎)、
    • 糖尿病
    • 有害で不合理な栄養、
    • 不利な労働条件および生活条件、
    • 甲状腺、心血管系および内分泌系の慢性疾患。

    女性の慢性腎lone腎炎(病気の症状は、病原性微生物叢を活性化した原因に依存します)も尿石症の背景に対して発生します。腎結石は、骨盤内の尿の停滞に寄与します。これは、病原性微生物叢の発達にとって好ましい条件を作り出します。細菌は活性化され、炎症過程の発生を引き起こします。

    リスクにさらされているのは、65歳以上の高齢者である妊婦です。同じことは、嗜眠状態の慢性疾患の患者にも当てはまります。弱い免疫は体の抵抗を減少させ、炎症につながる病理学的プロセスの発達に貢献します。

    いつ診察を受けるか

    女性の慢性腎lone腎炎(早期の症状は、腎臓の異常を疑い、適時に病院に連絡するのに役立ちます)は、泌尿器科医または腎科医によって選択される医学的診断と治療を必要とします。必要に応じて、他の専門家との追加協議が必要になる場合があります。

    制御されていない独立した治療は、血圧が上昇し、腎臓のサイズが縮小した場合、慢性腎不全を発症するリスクを高めます。結果に基づいて十分な検査を行った後、医師が薬を処方する必要があります。

    治療方法

    女性の慢性腎lone腎炎(早期の症状は違反の疑いがあり、すぐに病院に行く)には複雑な治療が必要です。治療の主な目的は、尿の流出と正常な血液循環の回復が妨げられる原因を排除することです。

    深刻な禁忌がない場合は、代替のレシピと同様に薬が使用されます。複雑な治療では、理学療法が使用されます。

    薬は尿の流出、体温を正常化し、腫れをなくし、血圧を下げます。

    次の薬は慢性腎lone腎炎の女性に処方されます:

    薬物グループ役職申込み
    非ステロイド系抗炎症薬「パラセタモール」、「ジクロフェナク」痛みを軽減します。薬は食後(1〜2時間)に処方され、多量の水で洗い流されます。患者は4〜6時間ごとに500〜1000 mgを処方され、1日の最大投与量は4 gです。
    抗菌薬オフロキサシン、ゲンタマイシン炎症プロセスを排除します。推奨用量は患者の年齢によって異なり、200または800 mg 2 pです。 7-10日間1日あたり。
    尿路浄化剤フラドニン、ウロスルファン薬は0.1-0.15g 3-4 pを服用します。この薬は抗菌効果があり、尿路の感染および炎症プロセスを排除します。
    免疫調節薬ゲンフェロン、シクロフェロン薬は、感染に対する身体の抵抗力を高めます。女性は、就寝前に500または100万IUの用量で1つの坐剤を処方されます。治療のコースは10日間から3ヶ月続きます。
    利尿薬フロセミド薬は、さまざまな起源の浮腫症候群を排除します。 1日量は20〜40mgで、2〜3回に分けられます。

    免疫を強化するために、医師はさらにマルチビタミン複合体を処方します。少なくとも6〜8週間かかる安定した寛解を達成することが重要です。

    女性の腎ye腎炎の症状

    この病気には感染性があるため、炎症の兆候が特徴です。それらは増悪と寛解の期間中に異なり、すべてまたは一部のみが現れます。これらの症状は他の病気の特徴でもあるため、医師の診察が必要です。女性の腎lone腎炎の症状は、局所的、一般的に分類されます。一般的なインクルード:

    • 弱点
    • 悪寒
    • 食欲不振
    • 嘔吐
    • 吐き気

    ローカルは排尿障害現象です。これらは次のとおりです。

    • 急速な排尿、けいれん、濁った尿、
    • 不明瞭
    • 腰痛
    • coli痛。

    民俗法

    ヒーラーとヒーラーの多くのレシピには、抗菌、利尿、抗炎症効果があります。

    女性の慢性腎lone腎炎の場合、以下の効果的な薬剤の使用が推奨されます:

    役職レシピ申込み
    ノコギリチンキグラス(小さじ2)に水(大さじ1)を注ぎます。火をつけて20分間温めます。クールで緊張。薬は大さじ3で服用されます。 5 pまで1日あたり。
    ハーブ収穫クマコケモモの葉(25 g)とコケモモの葉(25 g)を混ぜます。冷水2 Lを加えます。火をつけてください。 1リットルの液体が残るまで温めます。クールで緊張。得られた薬は50 g 3 pで消費されます。 30日間の食事の1時間前に1日あたり。
    プロポリスバターを100g溶かします。刻んだプロポリス10 gを追加します。容器を覆います。混合物を20分間放置し、時々攪拌します。その後、火の上に置き、90°Cに温めますクールで緊張。薬は3 p服用されます。食事の1時間前に1日あたり。

    泌尿器科医または腎科医の厳格な監督の下で完全に診断された後、治療は包括的に行われます。処方薬の多くの成分がアレルギー反応または合併症を引き起こす可能性があるため、セルフメディケーションは受け入れられません。

    慢性

    多くの場合、この形態は未治療の急性腎after腎炎の後に観察されます。それは密かに進行するため、その存在は尿検査時の偶然または間接的な症状のいずれかによって決定されます:

    1. 患者はその原因を理解していないので、腰に絶え間ない痛みを感じます。寒い気候では、痛みが激しくなります。
    2. 時には彼らは吐き気を催す。
    3. 明らかな弱点。
    4. 頻繁な排尿が心配。
    5. 温度差が観察される場合、これは化膿性焦点の存在を示します。

    病気の軽微な兆候:パフォーマンスの低下、寒気の絶え間ない感じ(暖かい季節でも)。女性の慢性腎lone腎炎の治療が必要です。

    女性の腎ye腎炎で症状と治療が明確であるが、何も行われない場合、尿の比重が低下し、動脈性高血圧が現れます。

    病気の臓器では、あまりにも多くの傷跡ができ、腎臓は縮小し、その機能に対処しなくなります。

    急性

    この形態の女性の腎臓病の徴候は突然現れます。炎症プロセスのため、温度が上昇します(最大40〜41度)。任意に減少し、再び重要なポイントに達する可能性があります。低体温には、激しい発汗、著しい強度の低下が伴います。さらに、次の症状が現れます。

    1. 腰部の痛み:鈍い、しばしば一方で。病気の腎臓を調べようとすると、腎臓はより強くなり、径部に入ります。前かがみになると悪化が起こります。
    2. 頻尿。尿は曇りまたは赤みを帯びており、不快な刺激臭があります。
    3. 吐き気、時には嘔吐、頭痛。
    4. 尿検査では、細菌尿、白血球増加、ESRの増加が示されます。

    妊娠中

    ホルモンの変化、子宮の大きさの変化の結果として、腎lone腎炎はしばしば妊娠の最初の日から発症します。一部では、病気は兆候なしに進行し、他では、次のように現れます:

    1. 腰の痛み。
    2. 夜間(夕方)の温度上昇。
    3. 頻尿。
    4. 多くの場合、病気には高血圧が伴います。
    5. 脚の腫れが増し、顔のむくみが現れます。
    6. 絵は、弱さ、弱さの感覚によって補完されます。
    7. 妊婦の腎ye腎炎の予防は、分析のために尿をより頻繁に摂取することです。

    腎臓の炎症

    腎p腎炎の治療方法は?患者が急性型の場合、彼は入院し、安静が処方されます。炭水化物を多く含む食物をたくさん飲む。

    必ず抗生物質、抗菌薬を処方してください。慢性型の治療も同様ですが、時間がかかり、より時間がかかります。

    診断後、患者は抗菌薬を処方され、免疫系を正常化し、療養所に滞在することが推奨されます。

    抗生物質

    女性の腎ye腎炎では、症状と治療は誰にとってもほぼ同じです。腎lone腎炎を治療する方法の質問に対する答えは、抗生物質を使用することです。彼らは病気の原因物質を特定し、腎臓の状態を決定した後に処方されます。

    入学までの期間は最大6週間です。腎lone腎炎の治療計画が策定され、薬が選択されると、医師は2つのニュアンスを考慮します。

    腎lone腎炎にうまく対処する:

    スルファニルアミドは抗生物質よりも少し頻繁に処方されます。それらは静菌特性を有し、クラミジア、球菌、グラム陰性菌と戦うが、緑膿菌、嫌気性菌には完全には影響しない。スルホンアミドのグループから処方されています:

    処方薬の別のグループは、フルオロキニロンです。それらは、グラム陽性菌、嫌気性菌、細胞内病原体に対して効果的です。患者は処方されます:

    薬物と民間療法を併用した女性の腎ye腎炎の治療の詳細をご覧ください。

    ビデオ:腎lone腎炎の代替治療

    上記の情報を読んだ後、腎ye腎炎とは何か、そしてそれを薬物で治療する方法についての質問はないはずです。

    病気の発症を防ぎ、それを取り除くのを助ける多くの伝統的な医学の方法があります。

    ハーブの注入を使用した後、慢性プロセスの幸福は大幅に改善され、主な治療と組み合わせて、より速く回復するのに役立ちます。自宅での治療方法に関する情報は、以下のビデオで提供されています。

    腎ye腎炎の民間療法の治療方法は?

    注意! この記事に記載されている情報は、ガイダンスのみを目的としています。記事の資料は、独立した治療を要求していません。特定の患者の個々の特性に基づいて診断を行い、治療の推奨を行うことができるのは、資格のある医師のみです。

    その他の方法

    女性の慢性腎lone腎炎の治療は包括的に行われています。

    使用済みの薬、ヒーラーとヒーラーの処方、および理学療法の手順:

    役職説明
    レーザー治療治療は、光の集中ビームを使用して実行されます。レーザー療法は、代謝プロセスを加速し、損傷した組織の治癒を促進し、痛みを和らげます。
    薬物電気泳動腎臓への影響は、低電力および低電圧の直流を使用して実行されます。治療効果を達成するために、特別な薬が使用されます。炎症過程と痛みが軽減され、代謝が改善され、血管とリンパ管が拡張します。
    磁気療法腎臓の治療では、一定の、変動する、または移動する磁場が使用されます。磁気療法には、鎮痛剤、抗炎症剤、修復効果があります。血圧が低下し、頭痛が減少し、めまいが消え、血液循環が改善し、免疫力が向上します。

    理学療法は炎症過程を排除し、尿路の平滑筋を弛緩させ、尿の流出を回復させます。腎臓の炎症については、泌尿器科医は二酸化炭素と塩化ナトリウム浴も推奨しています。

    適切な栄養は、複雑な治療とともに慢性腎lone腎炎の不快な症状を軽減するのに役立ちます。

    強化ダイエットをお勧めします。 飲酒法を忘れてはなりません。 1日は、尿濃度の増加を防ぎ、尿路をすすぐために、1.5〜2リットルの清潔な非炭酸液体を飲む必要があります。

    禁止品主な製品
    スパイス、燃えるスパイス

    脂肪と揚げ物

    豊富なスープ

    ジャガイモ、ビート

    低脂肪の魚と肉

    りんご

    慢性腎lone腎炎では、植物乳の食事療法に従うことが推奨されます。病気の悪化の間、泌尿器科医は食卓塩の使用を禁止します。 クランベリージュースを飲んで、メロン、スイカ、カボチャを食べるのは良いことです。

    民間療法と理学療法の手順とともに、薬物治療後の有効性がない場合、患者は手術を受けます。外科医は化膿性病巣を取り除き、困難な状況では腎臓と尿管を取り除きます。両方の腎臓が影響を受ける場合、医師は膿を除去するために必要な特別な排水を設定します。

    起こりうる合併症

    医療の欠如は、炎症過程が隣接する健康な組織に広がるという事実につながります。腎ca、実質が影響を受けます。診断により、さまざまな程度の炎症が示されます。病気のさらなる発展は、腎機能障害と合併症につながります。

    女性の慢性腎lone腎炎(症状は泌尿器科医が炎症過程の程度と段階を判断するのに役立ちます) 治療なしでは進行し、深刻な結果を引き起こします。

    役職説明
    敗血症(血液中毒)病原性細菌は、循環系を介して女性の体全体に広がります。菌血症性ショックを引き起こす。
    腎不全腎臓の機能が部分的または完全に損なわれている身体の病的状態。放出される尿の量が減少するか、尿の欠如が観察されます。
    腎臓水腎症(水腫)腎の持続的かつ進行性の拡大があります。尿の流出が妨げられます。腎実質の萎縮が徐々に進行します。水腎症は、臓器の増加、腹部の激しい痛み、嘔吐につながります。病理には尿路感染症の兆候が伴います。
    石の形成骨盤の慢性炎症プロセスは、固体沈殿物の形成に寄与します。したがって、ミクロリスが表示されます。

    病気の熱段階は、病気の腎臓を膿と腐敗産物で満たすことによって特徴付けられます。腎症が発症します。 外科的介入なしでは問題を解決できません。 患者が腎臓を摘出した後、医師の推奨事項に厳密に従っている場合、予後は良好です。

    女性の慢性腎lone腎炎は男性よりも頻繁に診断されます。適切でタイムリーな治療は合併症を防ぎます。病気の最初の症状に注意を払い、すぐに病院に行くことが重要です。健康状態を悪化させる可能性が高いため、自己治療は推奨されません。泌尿器科医による注意深い監視が必要です。

    女性の腎ye腎炎-病気の特徴

    腎lone腎炎 -非特異的な炎症プロセス。ほとんどの場合細菌性であり、腎臓の運河システム(腎、(、腎実質)に影響を及ぼします。

    なぜ女性は男性より腎ye腎炎になりやすいのですか?これは、女性の尿道の解剖学的構造によるものであり、それはより強い性のそれよりもはるかに広くて短い(その長さはわずか2〜3cmです)。その結果、尿道からの病原体は膀胱と腎臓に素早く侵入し、炎症プロセスの発達を引き起こします。

    泌尿生殖器系の構造的特徴により、病原性微生物叢の急速な広がりが促進されます。女性の尿道は膣と肛門の隣に位置し、そこから感染が不十分な個人衛生で容易に尿道に入ることができます。さらに、女性は妊娠期間と閉経期に伴うホルモンの急増により病気にかかりやすくなります。この時点での体の変化は、免疫システムを弱め、感染症の発症にとって好ましい状態を作り出します。

    女性の急性腎lone腎炎

    それは顕著な症状で現れ、40°Cまでの温度上昇、一般的な衰弱、発熱、悪寒、発汗の増加、悪心、食欲不振、および嘔吐を特徴とします。冒された腎臓からの鈍い、痛む腰痛があり、この領域で軽くたたかれるか押されたときに激化します。それらは顕著な強度に達し、尿石症と尿管の結石閉塞を伴う発作性を呈することがあります。

    化膿性腎lone腎炎は特に危険であり、急激な体温の上昇、腰の耐え難い痛みを伴い、下腹部、背中、または太ももを引き起こすことがあります。血圧の上昇、吐き気、嘔吐、動、尿の色が濃くなり、不快な臭いになり、状態は複雑になります。体の重度の中毒、意識の混濁、せん妄、幻覚を背景にしています。

    ほとんどの場合、痛みは一方で限局化されますが、化膿性合併症の発症により、痛みを伴う感覚が生じ、胃全体にこぼれます。同時に、プロセス自体の間に排尿、けいれん、火傷の衝動が高まり、尿の流出が困難になります。患者は、背中の冷感、暖かい毛布に身を包みたいという欲求、いらいら、やる気のない不安、不眠、頭痛、血圧上昇などの兆候を訴えることがあります。

    筋力低下は特に朝に顕著であり、体全体に重さ、疲労が感じられ、ベッドから出て通常のことをすることは困難です。朝、女性は顔や手足に浮腫の出現に気づき、その浮腫は一日の終わりまでに徐々に沈静化します。

    少女では、性的活動の開始時に、膣からの感染因子が体に浸透するため、花粉除去後に急性腎lone腎炎が発症する可能性があります。この場合、最初に膀胱炎の特徴的な徴候が認められ、数日後に感染が腎臓に到達し、腎ye腎炎の症状が現れます。

    女性の慢性腎lone腎炎

    病気の経過は、臨床像の消失と軽度の症状が特徴です。血液検査で炎症の徴候がない場合があります。炎症プロセスの悪化により、特徴的な症状の1つまたは2つだけが通常観察されます-痛みまたは排尿障害、尿または血圧上昇の兆候、背中の重さがあり、それは身体運動および長時間の歩行とともに増加します。

    寛解の間、炎症過程のすべての徴候は治まります。女性は、一般的なmal怠感、脱力感のみに注意することができますが、これは、過酷な一日の後の過労または疲労に関連しています。しかし、この病気は痛み、頻繁な排尿、および慢性の病理学的過程の他の症状を引き戻すことを再び思い出させるので、足を濡らし、寒くなり、風邪をひく価値があります。病気の再発は、保護されていない性別、膀胱の早すぎる排出、慢性的なストレスを引き起こす可能性があります。

    タイムリーな治療がない場合の急性炎症プロセスは、症状が消えてすぐに慢性になります。したがって、女性はしばしば医学的援助を求めず、これは病理のさらなる進行につながり、深刻な結果のリスクを高めます。

    腎臓病の原因

    ほとんどの場合、女性では、尿道と膣の個々の構造的特徴のために、感染症および炎症性疾患が発症します。今日まで、女性の腎ye腎炎の治療は非常に成功しており、短時間で行われています。しかし、病理学はすぐに慢性的な形になり、健康への影響は予測できないため、医師は治療を遅らせないことをお勧めします。

    腎lone腎炎は、内臓の原発性疾患を背景に発症するか、または独立した疾患として発生する可能性があり、その主な原因は病原性微生物(外因性および内因性)の生命活動であると考えられています。感染は両方の腎臓または片方の腎臓に拡がり、腎local局所(線維性基底、上皮細胞、骨盤、尿細管)、血管を伴う糸球体に影響を及ぼします。

    主な病原体は次のとおりです。

    • ブドウ球菌、
    • 大腸菌および緑膿菌、
    • クラミジア
    • サルモネラ
    • 腸球菌、
    • クレブシエラ。

    それぞれの病原体には、腎臓への独自の経路があります:尿道からの上昇(例えば、泌尿器科の病理の発生)または血行性(微生物は血流で他の臓器から腎臓組織に浸透します)。

    腎lone腎炎の発生に寄与する要因は次のとおりです。

    • 弱い免疫
    • 栄養失調
    • 慢性疲労
    • 衛生状態が悪い
    • 低体温
    • 頻繁なストレス
    • 合成下着、デイリーパッド、タンポンの頻繁な使用、
    • ホルモン破壊
    • 尿路の慢性疾患
    • 内臓の感染症、
    • 尿道および尿路の先天性奇形、
    • 年齢の変形、女性の内臓の脱出、
    • 外傷、カテーテル挿入。

    これらの現象はいずれも腎​​臓の炎症の進行のきっかけとなり、一度にいくつかの要因がある場合、病気になる確率が大幅に増加します。

    腎lone腎炎の症状-腰の痛み

    急性腎lone腎炎の症状

    女性の腎ye腎炎の急性期は、以下の症状の存在によって特徴付けられます:

    • 尿のろ過および流出の違反、
    • 夜間の頻尿、特に夜間
    • 腰部のさまざまな強度の鈍い痛みの感覚、
    • 脱力感、疲労、
    • 体温が38.5°Сまで上昇-40°С、悪寒、発熱、
    • 息切れ、頻脈、
    • 痛み、筋肉痛、
    • 頭痛
    • 高血圧
    • 腫れ。

    両側性炎症には、背中のほとんど、胃を覆う痛みが伴います。膿の蓄積は腎coli痛を引き起こします。無視された急性病理は、慢性症状にスムーズに変わり、その症状は同じままですが、より顕著になります。

    重要! 腎ye腎炎の治療法の欠如は、低血圧、膿瘍および腎car、細菌性ショック、腎不全の発症を引き起こします。

    薬物療法

    女性の腎ye腎炎の治療のための主な薬剤は、抗菌剤と尿路敗血症剤です。さらに、重度の急性腎lone腎炎では、対症療法が使用されます-解熱剤および抗炎症薬(ジクロフェナク、パラセタモール)、血圧を下げる降圧薬。激しい痛みの場合、鎮痙薬または鎮痛剤の注射が処方されます。

    病気の急性の形態では、数日間の厳しい安静を観察し、ドラフトを避け、背中を暖かく保つ必要があります。病気の女性は、利尿を増やし、毒素や病原微生物叢の体内からの除去を促進するために、より多くの水分を飲むことが推奨されます。

    腎lone腎炎の抗生物質は、病原体の種類を考慮して処方されます。最初の2日間は、通常、フルオロキノロン、セファロスポリン、ペニシリンのグループからの幅広い抗菌作用を持つ薬剤が服用されます。次に、細菌の結果を受け取った後、医師は治療計画を調整します。

    抗生物質を処方する場合、クラブラン酸(アモキシシリン、アモキシクラブ)で保護されたアミノペニシリンが優先されます。そのような薬物は、腎臓に対する顕著な毒性効果を示さず、禁忌および副作用が少なく、より忍容性が高い。

    将来的には、病原体の種類を考慮して、3-4世代のセファロスポリン(セフィピム、セフォタキシム)、マクロライド(アジスロマイシン、スピロマイシン)またはフルオロキノロン(レボレット)が使用されます。ニトロフラン(Monural、Furamag、Furagin、Furosemide)のグループの薬は、優れた効果を示します。

    抗生物質療法のコースは、平均で7〜14日かかります。患者の状態が治療開始から3日以内に改善しない場合、腹部CTスキャンが合併症の可能性-化膿性膿瘍、腎水腎症を除外するために必要です。化膿性腎lone腎炎が検出された場合、手術が必要です。

    腎lone腎炎の治療における特定の問題は、使用される抗生物質に対する病原体の耐性の急速な発達です。このため、現在、単純なペニシリン(アンピシリン)は実際には使用されておらず、クラブラン酸を含む製剤に置き換えられており、耐性の発生を防ぎます。

    抗生物質に加えて、回復の段階で、患者はマルチビタミン複合体、免疫調節薬、および一般的な強化剤(エキナセア、朝鮮人参、白皮症のチンキ剤)を処方されます。

    特に人気のあるのは、抗炎症、鎮痙、利尿、結石溶解特性を持つ安全なハーブ製剤です。その中で、ウレロサン、カネフロン(錠剤)、フィトリジンのペーストを落とします。

    慢性腎lone腎炎の治療は基本的に同じですが、時間がかかります-6から8週間。さらに、静かな期間には、患部への温熱効果が中程度の理学療法の手順が処方されます。寛解を延長するために、スパトリートメントのコースをお勧めします。

    準備する

    抗生物質は、腎臓の感染性炎症の治療に非常に効果的であると考えられています。薬物の導入は、静脈内、経口または点滴の3つの方法で行われます。通常、薬は最初に静脈内投与され、5〜7日後に経口投与が処方されます。治療コースは21日を超えません。

    急性非閉塞性腎lone腎炎では処方することができます:

    • フルオロキノロン、
    • アミノペニシリン、
    • セファロスポリン
    • アミノグリコシド、
    • テトラサイクリン
    • スルホンアミド。

    もちろん、投与量は個別に選択されます。重症の場合、薬物の組み合わせが可能です。

    注意! 妊娠中の女性は、フルオロキノロン、テトラサイクリン、スルホンアミドのグループから薬を処方されることはありません。

    女性の腎ye腎炎の食事

    食事を調整して特別な食事に従うことは、腎ye腎炎の急性期の回復を早め、健康を改善するのに役立ちます。患者は次の食事療法に従うことが推奨されます。

    • 豊富なスープ、脂肪質の肉をダイエットから除外し、
    • 揚げ物、smoke製肉、漬物、漬物を拒否し、
    • 調味料や香辛料なしで調理するために、
    • メニューからマメ科植物、キノコ、粗繊維またはエッセンシャルオイル(白キャベツ、大根、タマネギ、ニンニク、大根、コショウなど)を含む生野菜を取り除く
    • マフィン、菓子、チョコレートの使用を最小限に抑え、
    • 濃いコーヒー、炭酸飲料、アルコールを除外します。

    食事に含めることが推奨される食品は何ですか?

    • 低脂肪魚、食肉、
    • 果物、スイカ、メロン、
    • 煮込み野菜
    • 野菜スープ
    • シリアル(米、そば、オートミール)、
    • 無脂肪発酵乳飲料、
    • 植物油のサラダ。

    少量の食事を1日5〜6回食べることをお勧めします。つまり、部分的な食事を守る必要があります。腎lone腎炎では、より多くの水分を飲む必要があります。普通の水、ガスのないミネラルウォーター、ジュース、フルーツドリンク、コンポート、緑茶、ローズヒップブロスです。

    急性の段階では、塩をまったく含まない食品を調理するか、すでにテーブルの上にある完成した料理に塩を少し加える方が良いです。慢性腎lone腎炎では、塩分摂取量を1日5 gに減らすことをお勧めします。炎症過程の悪化を引き起こさないように、同様の食事を常に観察する必要があります。食べ物は蒸し、煮込み、焼く必要があります。揚げ物を完全に拒否する方が良いです。

    スイカダイエット

    スイカの季節には、断食日を設けることをお勧めします。その間は、スイカの果肉だけが食べられます。スイカは利尿作用が顕著で、うっ血、腫れを取り除き、微生物叢の排泄を促進し、腎機能を正常化します。

    癒しのジュース

    腎臓病の場合、天然ジュースを飲むことをお勧めします。たとえば、カバノキとブルーベリーのジュースは、電解質のバランスを回復し、身体の防御力を高め、細菌感染を防ぎます。

    クランベリージュースは、最も人気のある飲み物の1つです;抗生物質治療中に飲むことをお勧めします。新鮮なニンジンは殺菌効果と抗炎症効果で有名であり、カボチャジュースは強壮効果と利尿効果をもたらします。

    ベアベリー

    この薬用植物に基づいて、腎ye腎炎の治療用の水溶液またはアルコール溶液を調製できます。植物は強力な抗炎症および殺菌特性を有し、病気の慢性型に対処するのに役立ちます。

    水注入は非常に簡単に準備されます。大さじ1 l乾燥した植物材料には200 mlの沸騰水が必要です。草に沸騰したお湯を注ぎ、水が完全に冷えるまで主張し、ろ過して大さじ1を取ります。 l食べる前に。

    アルコール溶液は次のように調製されます。クマベリーの葉を半リットルの瓶に入れ、500mlのウォッカを注ぎます。瓶はふたで閉じられ、2週間暖かくて暗い場所に送られます。この期間の後、チンキはろ過され、腎ye腎炎の悪化を伴う食事の前に15滴摂取されるべきです。

    腎臓の費用

    そのような料金は、薬局で既製で購入するか、夏のシーズンに自分で準備することができます。薬草は、痛みを軽減し、炎症過程に対処し、体内の感染の焦点を取り除き、病原性微生物叢を破壊することができます。最も人気のある料金:

    • カレンデュラ+カモミール+セージ+コケモモ+白chの葉、
    • 野生のイチゴの葉、ブラックカラント+トウモロコシの柱頭+クマコケモモ+亜麻の種子+ローズヒップ、
    • パセリ+クマコケモモ+セランジン+セージ。

    パッケージの指示に従ってハーブを醸造します。適用の頻度と治療期間の長さに関しては、医師に相談する必要があります。専門家は同じブロスを絶えず使用しないことをお勧めします。依存症を排除し、治療から最大の効果を得るために、定期的に腎費用を変更することが最善です。

    女性の腎ye腎炎:症状と治療、薬物

    腎lone腎炎は女性の最も一般的な尿路系疾患と考えられています。これは、膀胱炎および尿道炎の発生率の数倍先の泌尿器病理全体の症例の約65%を占めています。したがって、より弱い性別の代表者は、腎臓の腎ye腎炎とは何かを知ることが望ましいです。

    腎lone腎炎の診断は、腎の線維性基部を形成する間質組織、ならびに骨盤および尿細管に感染性および炎症性プロセスが存在することを意味しますが、腎血管および糸球体に損傷はありません。

    この点で、病気の初期段階では、腎臓の主な機能(尿のろ過)は損なわれませんが、長期にわたる治療や不適切な治療では、炎症は糸球体の血管にも影響を与える可能性があります。

    腎lone腎炎は、急性または慢性の形で発生します。多くの場合、片方の腎臓が冒されますが、両側の炎症プロセスも見られます。

    公正な性別での疾患の高い発生率は、女性の尿路系の構造的特徴と関連しています。

    • 尿道は男性よりも短い
    • 女性の尿道は、追加の感染源-肛門と膣の隣に位置しているため、微生物は尿道に素早くより簡単に浸透します。

    排泄システムの障害、最も一般的な病状、原因、症状、およびその治療方法:https://medknsltant.com/zabolevaniya-vydelitelnoy-sistemy/

    女性では、上記の解剖​​学的特徴に関連して、骨盤および腎組織における上行性(尿性)感染経路が最初になります-膀胱炎、尿道炎、大腸炎、大腸炎、尿路結石症および尿路構造の異常、カテーテル留置の長期化尿の排泄。

    焦点が潜在的な原因になる可能性がある場合、感染の血行性(血流を伴う)の広がりも可能です-化膿性乳房炎、扁桃炎、パナリチウム、耳の炎症、さらには歯管の炎症(歯髄炎)。

    腎lone腎炎を引き起こす主な微生物は大腸菌です(すべての症例の最大75%)。

    • 残りの25%の症例は、クレブシエラ、プロテウス、黄色ブドウ球菌、腸球菌、緑膿菌、真菌感染症、クラミジア、サルモネラなどの摂取に関連しています。
    • 女性における腎lone腎炎の発生の危険因子は、身体の一般的な免疫の低下とともに発生する局在化のすべての長期にわたる病理学的プロセスです:糖尿病、骨髄疾患、神経学的問題(多発性硬化症)、HIV感染、化学療法または臓器移植後の状態。
    • さらに、妊娠は慢性型の疾患を悪化させ、膀胱と尿管の成長する子宮の圧迫のために急性炎症プロセスを引き起こす可能性があります。

    妊娠中の慢性腎lone腎炎、明示および治療:https://medknsltant.com/pielonefrit-hronicheskiy-pri-beremennosti/

    女性の腎ye腎炎の特徴

    腎lone腎炎は、腎臓組織の炎症中に発症する疾患です。腎lone腎炎では、腎臓の尿細管と骨盤が損傷し、臓器実質自体も損傷します。

    統計によると、腎lone腎炎などの疾患は男性より女性の方が一般的であることが知られています。

    女性の罹患率の高いリスクは、尿路の位置と構造の解剖学的特徴に関連しています。

    女性の感染症に対する感受性の増加の別の理由は、特に月経出血中の体の感受性の増加です。

    このような解剖学的特徴は、泌尿生殖器を介した感染プロセスの浸透と拡散に好ましい条件を作り出します。女性の腎ye腎炎では、症状と治療は病気の経過の形に依存します。

    腎疾患としての腎ye腎炎は、慢性および急性の両方のコースの形で現れます。体内に入る病原体の濃度と、病原体との関係に対する免疫系の反応に応じて、形態の分布があります。

    病因因子

    女性の身体の病気の病因は、膣および腸で正常なフローラが尿路の炎症の発生を引き起こす可能性があるという事実によるものです。

    女性は、黄色ブドウ球菌、腸球菌、プロテウス、エシェリヒアなどの細菌に感染しやすくなっています。原因因子の中で特別な場所は溶血性連鎖球菌です。

    健康な腎臓細胞に対する自己抗体の放出を刺激することができます。

    女性の体内の細菌感染症は、血液およびリンパ管または尿の流れを介して広がる可能性があります。

    女性の腎lone腎炎の発症に伴い、原因は次のような素因に関連している可能性があります。

    • 腎臓の嚢胞性または腫瘍形成、尿管の結石または痙攣性収縮による尿路の閉塞、
    • 症候性症状が完全に存在しない尿中の細菌粒子の存在、
    • 妊娠または授乳期間
    • 加齢に伴う身体の変化。

    腎body腎炎の原因、女性の体の症候性症状の発現を引き起こす:

    • 体の長期にわたる低体温、
    • 感情的ストレス
    • 過度の疲労、および長期にわたる身体的ストレス、
    • 他の臓器やシステムの慢性疾患の存在、
    • 急性または慢性の婦人科病理学、
    • 骨盤手術
    • 腰椎の外傷。

    病気の症状

    女性の腎lone腎炎の症状は、その重症度は病気の経過の形に依存します。急性腎lone腎炎の症状は、症状の著しい強度を伴う急激な進行性で発症します。

    病気の急性期の女性における腎Common腎炎の一般的な苦情と徴候:

    • 顕著な発熱
    • あなた自身の鼓動の感覚、
    • 腰部の腎臓の地形投影の痛み、
    • 顔面および下肢の組織の腫れ、
    • 情緒不安定。

    慢性腎lone腎炎はどのように現れますか?

    原則として、女性の慢性腎lone腎炎は、より潜在的な症状の発現を伴って進行します。症状の兆候のうち、病理学的症候群のうちの1つだけが現れることがあります。

    痛み-臓器の実質自体にはその構造に神経終末がないため、腎臓の線維性被膜が過剰に伸ばされると発症します。急性腎lone腎炎が進行する場合、腎臓のサイズが急激に増加します。これは激しい痛みを引き起こします。

    病気の慢性的な経過では、痛みは中程度に現れ、強度は徐々に増加します。女性では、男性より痛みがずっと長く続きます。これは、腎臓被膜下のより顕著な脂肪組織に関連しています。

    この繊維間の接着は痛みを長引かせるのに役立ちます。

    排尿障害症候群-膀胱壁への感染性炎症プロセスの広がりによる排尿困難の形で現れます。

    尿症候群は、タンパク質、白血球、赤血球、および細菌粒子の尿濃度の増加によって特徴付けられます。

    原則として、女性の慢性腎lone腎炎の症状は、定期的な再発によって特徴付けられます。

    化学抗菌剤

    抗生物質、化学抗菌剤のコースに加えて、抗菌性尿消毒薬を処方することができます、例えば:

    • フラギン(ニトロフランの誘導体)、
    • ニトロキソリン(8-ヒドロキシキノリンの誘導体)、
    • ネビグラモン(ナリジクス酸に基づいて作られ、キノロンのグループに属する)、
    • 5-NOC(主な有効成分はニトロキソリン)、
    • パリン(ピペミド酸に基づいて作られ、キノロンのグループに属します)。

    薬は、高い抗菌、抗菌効果が特徴です。

    ニトロフランの使用

    腎lone腎炎の進行中の広範な抗菌効果はニトロフランです:

    • ニトロフラントイン、
    • ニフロキサジド、
    • ニフラテル
    • フラゾリドン、
    • フラジジン。

    薬は経口投与されます。

    注意してください! 女性の腎lone腎炎の治療における抗生物質は、患者の検査からわずか14日後に処方されます。

    利尿薬とビタミンの摂取

    女性の腎ye腎炎の複雑な薬物治療には、利尿薬とビタミンの強制摂取が含まれます。

    利尿薬:

    • Cyston(薬草製剤)、
    • ロリスタ(ロルタザンカリウムの有効成分)、
    • 人工利尿薬-フロセミド、ダイバー、ベロシュピロン、ブフィノクス、ブリトマール、トラセミド、ヒポチアジド、アルラクトン。

    さらに、カリウムとマグネシウムの損失を補う利尿薬と一緒にアスパルカムを飲むことをお勧めします。

    ビタミン

    1. 酢酸レチノール(ビタミンA)は、尿器官への感染の動きをブロックするのに役立ち、体を強化します。
    2. アスコルビン酸(ビタミンC)は血管壁を強化し、血流へのウイルスの侵入をブロックします。
    3. 酢酸トコフェロール(ビタミンE)は、慢性腎lone腎炎の場合の治療、予防目的で処方されます。
    4. バイオフラボノイド(ビタミンP)は、治療および予防の目的で使用されます。

    利尿薬とビタミン剤の服用は専門家によって厳密に同意されており、違反することは推奨されません。

    ハルライ草またはコーンフラワー

    腎lone腎炎の治療の高い効率は、コーンフラワーの広がりを持っています。この植物の煎じ薬は、あなたが痛みを和らげることを可能にし、病原性微生物の生命活動に憂鬱な働きをします。

    スープを準備するには、小さじ1杯の乾燥ハーブを取り、コップ1杯の沸騰したお湯を入れます。 3分間沸騰させ、冷まします。

    治療のコースは1ヶ月で、食事の前に厳密に1/3カップを1日3回飲んでください。 1か月の休憩の後、治療コースを繰り返すことができます。伝統的な医学の専門家は、慢性の腎ye腎炎でさえ、このような煎じ薬で治すことができると信じていますが、治療の過程は2年、またはさらに長く続くことがあります。

    ベアベリートリートメント

    Bearberryの治癒特性により、病原性微生物叢の発達をブロックし、利尿薬として作用し、痛みを和らげ、病気の臓器の炎症を緩和します。

    腎lone腎炎の最も効果的な治療法は、ベアベリーのお茶です。薬は、1杯1杯、1日3回まで食後に飲まれます。

    クマコケモモに基づいて、煎じ薬はコップ1杯の熱湯に乾いた草の小さじ1杯を入れ、約10分間湯煎で煎じ薬を煮ることによって調製されます。

    1日3回の頻度で、大さじ2杯まで少量ずつ飲みます。

    薬局では、クマコケモモのアルコールチンキを提供することがよくあり、メーカーの指示に従って厳密に摂取されますが、コップ1杯の水につき15滴以下です。クマコケモモに基づいて作られた資金を取るとき、そのような治療が腎form腎炎の急性型では禁止されていることを覚えておく必要があります。

    腎lone腎炎のバーチ樹液

    専門家は、腎lone腎炎の発症にカバノキの樹液を、絶対的な量で飲むことを推奨しています。ただし、2日以内の新鮮な天然物のみを使用する必要があります。

    天然の天然物質は、腎臓を浄化し、炎症を和らげ、病原体の発生を止めるのに役立ちます。ただし、このツールは腎臓結石の存在下での使用は禁止されています。

    不適切な治療の合併症は何ですか

    腎臓の感染性炎症は、すぐに医師の診察を必要とする危険な病理です。腎lone腎炎のわずかな疑いで、どんな場合でも自己治療することはできません。伝統医学でさえ専門家と同意し、すべての検査の後、同意する必要があります。

    不適切な治療後の女性の合併症は次のとおりです。

    • 腎form腎炎の急性型から慢性型への移行、
    • 腎不全の発症、
    • 腫瘍学の開発、
    • 尿石症の発生。

    腎lone腎炎は危険な病理であり、決して自然に消えることはありません!病気の診断と治療は、その発生の初期段階で行われることが好ましく、そうでない場合、腎不全の発症により致命的な結果が生じる可能性があります。

    女性の腎ye腎炎の予防策

    1. 免疫システムを高める
    2. 健康的なライフスタイル
    3. 感染症のタイムリーな治療、
    4. 過冷却しないでください。「呼吸する」下着を着用してください。
    5. 親密な衛生状態に注意する
    6. 不可分な性交を除外し、
    7. 予定外の妊娠、中絶を除外します。

    予防措置のために、すべての女性が適時にスケジュールされた健康診断を受ける必要があり、健康診断を怠らないことを追加する必要があります。医師のアドバイスに従い、最初の不快な症状が現れたときに自己治療をしないで、あなたの健康を監視してください!

    炎症性腎疾患の治療法

    女性の腎ye腎炎の治療は包括的に実施されるべきです。病気の形態に応じて-腎lone腎炎を治療するよりも選択が行われます。

    症状の兆候を取り除き、疼痛ショックの発症を防ぐために、最初に急性腎lone腎炎の治療を実施する必要があります。次のステップは、細菌性病原体から体を取り除くことです。

    疾患の初期段階では、腎lone腎炎の治療は、適切な食事を観察し、電解質が豊富な水分を十分に摂取し、厳密な安静を観察することに基づくべきです。

    女性の慢性腎lone腎炎の治療は、急性の経過とは対照的に、最初に疾患の発症の病因的因子の排除で行われ、その後、徴候の兆候を排除するための措置が取られます。

    女性の腎ye腎炎の治療に最適な抗菌薬は、アミノペニシリン群の物質です。このグループの薬には、クバルノロボイ酸の形の保護シェルがあります。それらは、胃粘膜に刺激作用を引き起こさず、腎組織に顕著な毒性作用はありません。

    血液および尿の細菌培養後にアミノペニシリンに耐性の病原体が見つかった場合、セファロスポリン、ニトロフランまたはフルオロキノロンの抗生物質が使用されます。

    女性の腎ye腎炎に対する抗生物質による治療は14日間行われます。必要に応じて、治療のコースが延長されます。 2〜3日後に治療のプラス効果がない場合、腎膿瘍または他の化膿性合併症を発症するリスクがあります。化膿性合併症の診断を確認するとき、患者は外科的介入が必要です。

    これまで、細菌性病原体は抗菌薬に非常に耐性があり、したがって、病気の治療にペニシリンを使用することは禁止されています。

    ペニシリンを使用しても人の状態は改善されませんが、通常の腸内細菌叢を殺すだけです。

    女性の急性または慢性腎lone腎炎の発症に伴い、治療はまた、病気の後の不快な兆候と全身の一般的な回復を排除することを目的とする必要があります。

    腎lone腎炎の種類とその診断方法

    追加の処理として使用されます:

    • 非ステロイド性鎮痛剤-痛みや炎症の兆候を除去するために使用され、
    • 体内の再生プロセスを刺激する複雑なビタミン製剤、
    • 抗生物質療法後に正常な腸内細菌叢を回復させるプロバイオティクス。

    病気の治療の必須要素は、適切な食事と食物摂取の遵守です。

    腎lone腎炎の食事の基本的なルール:

    • ミネラル成分が豊富な液体を大量に消費する、
    • 毎日の食事から揚げ物、脂っこい、辛い食べ物を除外し、
    • シーフードの消費を最小限に抑える
    • もっと果物や野菜を食べる
    • 重度の付随する高血圧症の場合、食事から食卓塩を除外し、

    女性の腎lone腎炎の治療に使用される薬物:

    薬物グループ 名前と投与量
    アミノペニシリンアモキシシリン500 mg、1錠。 1日3回
    セファロスポリンセフトリアキソン0.9 g NaClに1 g i / v点滴
    ニトロフランフラマグ50-100 mg 1日3回
    フルオロキノロンレボメット250 mg 1錠を1日3回
    NSAIDパラセタモール500 mg 1錠1日に2回
    マルチビタミンDuovit 2錠/日
    プロバイオティクスエンテロゲルミナ1本1日に2回

    病気の治療は、深刻な健康への影響につながるため、独立して実施すべきではありません。

    女性の病気の予防

    腎lone腎炎の予防は、健康的なライフスタイルに基づいています。女性集団における腎ye腎炎の予防のための主な推奨事項:

    1. 2リットルの1日のフル液体摂取、
    2. 過度の身体的運動やストレスの多い状況を避け、
    3. 個人的な親密な衛生状態を遵守し、
    4. 安全なセックス
    5. 婦人科医と泌尿器科医による診察健康診断の実施、細菌性病原体の存在のための血液と尿の寄付、
    6. 慢性感染症の患者では、感染の焦点を定期的に消毒し、
    7. 慢性腎p腎炎の患者では、定期的に予防的抗菌薬を予防的用量で使用し、
    8. 妊婦はアクティブなライフスタイルを維持し、屋外でより多くの時間を過ごすことが推奨されます。

    疾患予後の予後

    適切な診断と適切な治療は、病気の良好な結果と病理学後の身体の完全な回復に貢献します。細菌性病原体が1年間の臨床検査で決定されなかった後、女性は完全に健康であると考えられます。

    女性の腎ye腎炎:病気の症状、治療、原因、診断

    女性の腎lone腎炎は、粘膜の骨盤の内側の炎症を伴い、腎臓のこの部分への非特異的な細菌性微生物叢の侵入によって引き起こされます。

    この病気は性交渉、妊娠、更年期の発症に関連することが多いため、公正な性格のこの病気は常に腎臓病専門医の注意を引くに値します。

    治療法がない場合、危険な合併症の発症につながり、妊娠過程に悪影響を与える可能性があります。病気との戦いを成功させるためには、その発症の原因を特定して排除することが重要です。

    女性および男性の腎lone腎炎の発症を引き起こす主な感染因子。大腸菌です。あまり一般的ではないが、この感染性および炎症性の腎臓病は以下によって引き起こされます:

    • ブドウ球菌、
    • 腸球菌、
    • シュードモナス
    • エネトロバクテリア
    • たんぱく質
    • サルモネラ
    • クレブシエラ、
    • 真菌微生物
    • クラミジア
    • さまざまなウイルス
    • 混合感染。

    病原性微生物は、上行路に沿って腎の組織に侵入する可能性があります。つまり、尿道および膀胱からの尿が尿管に戻され、腎に部分的に侵入します。

    女性では、腎ye腎炎の発症の原因はしばしば上行性感染症の体内への侵入にあります。これは、尿道の長さが短く幅が広いため、個人的および性的衛生の規則が守られていない場合、尿路に容易に侵入します。

    また、これは不適切なリネン、パッドの不適切な使用を使用している場合に発生します。

    少女の尿道は感染と膀胱炎の発症の理想的な入り口であるため、小児期に腎lone腎炎を発症する特に高いリスク。

    女性で腎ye腎炎を発症するリスクは、以下の要因の影響下で増加する可能性があります。

    • 低体温
    • 膀胱炎
    • 妊娠
    • 出産困難
    • 思春期、妊娠または閉経期のホルモン異常、
    • 子宮変位
    • 脊髄および脊柱の損傷、
    • 糖尿病
    • 甲状腺の病理、
    • 免疫障害
    • 感染症
    • 過度に活発な性生活
    • 尿道へのカテーテルの挿入または他の侵襲的処置、
    • 泌尿生殖器系および腸の臓器に対する外科的介入。

    特に危険なのは、免疫不全患者の腎ye腎炎の無症候性経過です。これらの場合、感染症は慢性になり、頻繁な再発と病気の合併症を引き起こす可能性があります。

    女性の腎lone腎炎-臓器の構造は、病気の本質を理解するのに役立ちます

    急性腎lone腎炎とその症状

    腎の炎症により、患者の体温は39〜40°Cに急激に上昇します。発熱と急性腎lone腎炎における感染性中毒の発症は、頭痛、重度の衰弱、食欲不振、吐き気、嘔吐、筋肉や関節の痛み、過度の発汗につながります。

    これらの症状は、痛みの症状によって補完されます:

    • 腰の腎臓の投影領域の痛みの局在
    • さまざまな強度の痛み、
    • 腎lone腎炎は通常片側性であるため、右側または左側に痛みを感じることが多くありますが、
    • 移動中の痛みの増加。

    将来、腎lone腎炎の経過は複雑ではなく、その症状は上記の症状によってのみ制限されるでしょう。

    罹患した血管および罹患した腎臓の皮質層が炎症過程に関与している場合、疾患の経過は複雑になり、女性は排尿の症状を示します。

    • 頻尿、
    • 曇った尿
    • 尿の赤みがかった色(常にではない)
    • 腕、脚、顔の軟部組織の腫れ(常にではない)。

    排尿の性質の変化は、検査パラメータの変化と組み合わされます。テスト結果では、病気に特徴的な次の兆候が明らかになります:

    • 細菌または他の病理学的微生物、
    • 多数の白血球または膿、
    • タンパク質レベルの増加
    • ESRの増加、
    • 少量の赤血球(時々)。

    この疾患の検査室指標は疾患全体で異なり、医師が治療の戦術と有効性を判断できる重要な診断基準です。

    適切でタイムリーな治療法がない場合、急性腎lone腎炎は慢性になる可能性があります。そのような場合、患者は定期的に再発し、それほど重篤でない症状を伴います。

    急性腎lone腎炎の最も一般的な症状は、腰の痛みです

    慢性腎lone腎炎とその症状

    腎の炎症のこの形態は、通常、疾患の最初のエピソードに対する適切な治療がない場合に発生します。潜在的な炎症反応を背景にプロセスの主要な同期が発生することがあり、臨床検査でのみ検出されます。

    慢性腎lone腎炎は、腎exの急性炎症ほど顕著ではない徴候によって現れる周期的な悪化の進行を伴う。患者は頭痛、食欲不振、頻尿、不当な衰弱を持っています。

    腰部に痛みがある場合があります。悪化の背景に対して尿と血液を調べると、炎症反応の兆候が検出され、寛解期では、テストの結果は正常な範囲内になる可能性があります。

    悪化は、低体温、ストレス、または腎p腎炎の推奨食事違反の後、雨天でしばしば現れます。再発の原因となる最後の要因は、スモークの使用、熱いスパイスで溶かしたもの、酸っぱいまたは塩味のある食品、スピリッツまたは揚げ物です。

    妊娠への影響

    胎児の出産中に、腎lone腎炎の発症またはこの疾患の悪化に寄与する女性の体の変化が起こります。この事実は、腎臓の子宮および泌尿器系の他の器官に近いことによって説明されます。

    妊娠中、腎lone腎炎は以下のために発症する可能性があります。

    • ホルモンの変動による免疫力の低下、
    • 尿道の壁のリラックスした状態は、感染の浸透に寄与します
    • 腎臓が拡張モードで動作する必要性、
    • 尿管、膀胱、および尿道上の拡大した子宮の圧力。

    病気の発症に伴い、妊婦は次の合併症を経験する場合があります:

    • 子宮内奇形-中毒のために発症する、
    • 早産-腎lone腎炎の重篤な合併症の発症により発生します。

    妊婦の腎の組織の炎症の発生を防ぐために、専門家による動的な観察が推奨されます。以前に腎lone腎炎を患っていた女性には、妊娠に適した薬草の服用の予防コースが与えられます。

    ダイエット療法

    腎ye腎炎の治療を促進するために、治療には非ステロイド性抗炎症薬、ビタミン剤、免疫補正薬が追加されています。

    防腐剤、利尿剤、抗炎症効果を備えた薬草に基づく民間療法による治療は、主薬コースへの追加として主治医によって処方することができます。

    ホメオパシーはまた、薬の主な使用と組み合わせてのみ使用する必要があります。

    女性では、腎lone腎炎の原因はしばしば性器領域の病気にあります。これらの場合、患者には婦人科医による診察と監督が割り当てられます。

    複雑な場合(尿量の違反がある場合)、患者は手術を処方されることがあります。これらの場合の手術の目的は、腎臓からの尿の正常な排泄を妨げる閉塞を取り除くことです。

    腎lone腎炎に対する外科的介入はまれです。手術の必要性が病気の合併症によって引き起こされる場合、それははるかに危険です!

    慢性腎p腎炎は、長期治療と1年間の患者モニタリングが必要です。

    これらの患者は、薬草に基づいた抗生物質または抗菌薬を服用する断続的な予防コースを処方されています。免疫を正常化するために、免疫刺激剤と免疫調節剤が使用されます。

    あらゆる形態の病気の寛解の間、療養所リゾートのリハビリテーションが推奨されます。

    食事違反は慢性腎lone腎炎の悪化の原因の1つです

    腎lone腎炎の食事は病気の初期に処方されるべきです。患者は、たんぱく質の多い食品、揚げ物やsmoke製の多い料理、塩の摂取を制限しなければなりません。

    病気の初めに、尿と毒素の排泄を加速するために、大量の液体-1日あたり2リットル以上を使用すべきです。

    尿量を正常化した後、通常の食事への段階的な移行が許可されますが、アルコール飲料、スパイス、揚げ物を除きます。

    腎lone腎炎は、腎臓の炎症性疾患および感染性疾患を指し、腎muの粘膜の炎症の発症を伴います。すべての女性のほとんどは、その発生の傾向があります。

    将来的には、この病気は健康だけでなく、妊娠過程や胎児の発達にも悪影響を与える可能性があります。そのため、腎ye腎炎との闘いはできるだけ早く始めるべきであり、専門家の監督の下でのみ実施されます。医師の処方箋なしで自宅で治療を試みることは健康に危険です。

    読むことも興味深いです:腎臓が女性を傷つけます

    ビデオを見る: EP 3 MIYAJIMA REI. OBSOLETE (2月 2020).