編み針とイタリアンガム:編みパターンとループを設定する方法

今日は、弾性バンド1x1および2x2の弾性と弾性のエッジを備えた編み針でイタリアのループセットを作成する方法を学びます。また、丸編み用の「イタリア」編みループのセットを作成する方法も学びます。

その場合と、工場に似た弾力性のある丸いエッジが必要な製品では、イタリアのループセットが使用されます。通常、このループのセットは、セーター、カーディガン、靴下とミトンのゴムバンド、帽子を編むときに使用されます。このセットエッジは、スカーフやスヌードの編み物に使用できます。しかし、編みの終わりに、ループを針で閉じて、両方のエッジが同じになるようにする必要があることを考慮する必要があります。

イタリア式のループのセットには、2つのサイズの編み針が必要です。サイズの違いは、たとえば3と4のようになります。より硬いエッジが必要な場合、違いは1.5サイズ、たとえば3と4.5になります。

弾性1x1回転列用のイタリア製ループ編み針セット

イタリアの編みステッチセット-ビデオ:

ガムの場合、1x1ループは2 + 2エッジの倍数でダイヤルされます。

  • 最初の行:フロントループはバックウォール用に編まれ、間違ったものは削除されます-ループの前のスレッド。
  • 2列目:フロントループはフロントウォール用に編まれ、間違ったものは削除されます-スレッドはループの前にあります。
  • 3行目:2行目を繰り返します。
  • 4行目:3行目を繰り返します。
  • 5行目:より大きな編み針への移行。フロントループはフロントループで編まれ、反対側は間違って編まれます。移行中、バックループが最初の(祖母の)方法で編まれた場合、フロントループがBACKウォール用に編まれることを知る必要があります。バックループが従来の方法で編成されている場合、フロントループはフロントウォールの上に編成されます。

伸縮性のある2x2回転列用のイタリア製ループ編み針セット

イタリアのステッチ編み方法-ビデオ:

2x2エラスティックバンドの場合、4 + 2つのエッジループがダイヤルされます。

  • 最初の行:フロントループはバックウォール用に編まれ、間違ったものは削除されます-ループの前のスレッド。
  • 2列目:フロントループはフロントウォール用に編まれ、間違ったものは削除されます-スレッドはループの前にあります。
  • 3行目:2行目を繰り返します。
  • 4行目:3行目を繰り返します。
  • 5行目:より大きな編み針への移行。前面と背面が互いに2つのループに立つために、マーカーを使用してループを転送します。フロントループはフロントループで編まれ、間違ったループは間違ったもので編まれます。移行中に、バックループが最初の(祖母の)方法で編まれているかどうかを知る必要があります。その後、バックウォールのフロントループが編まれます。バックループが従来の方法で編まれている場合、フロントループはFRONT壁の後ろに編まれます。

円のループのイタリアのセット

イタリアの丸編みステッチセット-ビデオ:

サイズよりも小さい編み針では、ループ数が必要です。これは、最初の行の最初と最後のループを接続するために編み物+1ループに必要です。

ダイヤル後、必要な数のループが4本の編み針に分配されるか、丸編み針に残ります。行接続は、ダイヤルの最初と最後のループの間にコネクタがないように作成されます。

  • 1列目:前部は後部壁の後ろに縛られ、間違った側は取り除かれます-ループの前の糸。
  • 2列目:前面が削除されます-スレッドはループの背後にあり、間違った面は「最初の」方法で編まれます。
  • 3番目の行:より大きな編み針への移行と、そのパターンを編み、製品を編みます。

美しくて角質ではない-イタリアのガム法

伝統的に、多くのニット製品の縁は弾性バンドで作られています-縁を保持して、カールを防ぐ必要があります。しかし、装飾的な要素の役割を果たすこともできます。編み針の付いた片側のイタリア製のゴムバンドは美しくて珍しいように見えます。

シンプルまたはクラシックなイタリアンセット

クラシックセットは1ステップで実行され、1本のスポークで実行されます。将来のエッジの精度は、スポークの厚さに依存するだけでなく、スポークの厚さが薄いほど製品の密度が高くなるだけでなく、糸自体の張力にも依存します。

ニュアンスを見逃さないように注意が必要なので、初めて忍耐強くなる必要があります。

最初のループを編むのが標準的な方法です。

この場合、糸は製品の幅の約3倍のマージンで測定する必要があります。裾の後に偶数のループをダイヤルするときは、間違ったものである奇数で前面を編む必要があることを考慮する必要があります。列の極端なループは、ユニークに顔になります。

製品の写真に基づいて、ループの数は偶数であるため、下から上に向かって針が親指から糸を拾います。

次に、針を人差し指から糸に巻き付け、動きを続けながら、親指から糸の下に引っ張ります。

ループを締めることで、同じフロントループが得られます。

ガムのパターンによると、次のループは間違った側になります。針は、人差し指から糸の下に時計回りに挿入されます。

針を上に動かすと、親指から糸が拾われます。

ナツゴも締めました。結果として生じるループはゴロゴロしています。

列の最後まで、動きが繰り返されて、フロントループまたはバックループが編まれます。

視覚的には、列のループが反転するため、ダイヤルの後の次の列、すべての前のループは後壁に結び付けられ、間違ったループは削除されますが、スレッドは作業前に残ります。

後続の行での編みは、通常の方法で2x2ガムまたはその他の方法で続けられます。

追加の糸で編み針でイタリアのループのセットを分解します

追加の糸でイタリア式に編む場合は、次の材料とツールを準備します。

  • メインスレッド
  • 補助糸(できればメインの糸と対照的な色)、
  • 2つのサイズの編み針。

  • 上記のスキームに従って、主な方法で最初のループを収集します。最初の5行は針で編む必要があり、そのサイズはメインの半分のサイズです。
  • 作業スレッドを右手の人差し指に巻き付けてから、右手でスレッドの端を持ちながら、左手の親指の周りに追加のスレッドを配置します。追加の糸の長さは、完成したニット部分の2倍の幅に等しくする必要があります。
  • 次に、以下を実行します。
    • 編み針の前に追加の糸を敷き、追加の糸の下に針を入れ、人差し指でメインの糸を取り上げます。
    • 編み針を追加の糸の下に通し、再びメインの糸をキャッチします。

    これらの手順を目的の長さまで繰り返し、針を交換します。

    • 最初の行の編成に進みます。
      • 追加のスレッドの前にループを編みます。
      • 余分なスレッドの背後にあるループを削除し、ループの前で作業スレッドを拡張します。
    • 次の2行を編成します。前のループは前のループで、間違ったループは削除され、スレッドはループの前で引き伸ばされます。
    • 針を太めに変え、編み続けます。追加の糸を取り外すことができます。ゴムバンドを使用した場合は、必要な長さまで締めます。

    追加スレッドキット

    この亜種を編み針で編むことは実行がより困難ですが、プラスは、補助糸として、編み本体に薄い弾性バンドを置くことができ、エッジが弾力性になることを考えることができます。これは、ガムソックスのストラップ、または軽いスカートに便利です。

    繰り返しますが、最初のループは通常の方法で実行されますが、終了を長くする必要はありません。メインスレッドは人差し指にあり、補助部は親指にあり、薬指と小指で支えられています。

    針は補助糸の下に保持され、メインをキャプチャします-最初の作業ループは、追加の糸の前に取得されます。

    次に、メインスレッド(ループの背後にある追加のスレッド)が選択されます。

    続いて、針は再び補助糸の下に保持され、メインループから引き出され、その後、メイン糸が再び取り上げられます。 3番目と4番目のループを取得します。

    編みは、必要な数のループのセットまで続きます。

    タイプセッターの最初の行は、追加のスレッド(作業スレッドの前と後ろ)に対して作業ループの位置が交互に変わることを考えると、チェッカーボードのように見えます。

    補助編みの前にある前編み針のあるループは、残りの糸は糸として取り外され、作業糸はループの前を通されます。

    このメソッドは、さらに2行で繰り返されます。

    次に、メイン番号の編針への移行が行われ、1×1の弾性バンドで編が続けられます。この場合、ニットはニットと編み、裏編みは間違ったものと編みます。別の5〜6行が接触すると、余分なスレッドを削除できます。

    段階的なプロセスの説明:

    1. ループするときは、それらの数を余りなく4で割る必要があることに注意してください。
    2. 標準的な方法で編み針に20針を入力します(これには裾も含まれます)。
    3. 反対側を編む。
    4. 次の(最初に検討します)次のように編みます:エッジの後* 2アウト。ペット、2人*-列の最後まで、裾を完成させます。
    5. 第二-図面に従って動作します。
    6. 3列目-クローム、パターン:2アウト、このようにフロントニット2-後壁のフロントの2番目のループ、次にフロントの最初のフロント、編み針から2番目を削除せずに。図のように、このシーケンスを行の最後まで保持します。
    7. 4列目、裾を開始し、親密な関係に進みます。2人、この順序で2つのループの反対側-2番目の反対側、1番目(編み針から2番目を削除せず)反対側。行パターン全体を複製します。
    8. 行5で、3番目の行パターンに従います。
    9. 前面と背面のパターンは次のようになります。

    丸編みのためのイタリアの編みステッチパターン

    カフスを編み、丸い編み針にスタンドカラーを編む方が便利です。これにより、ループを設定するイタリアの方法を作ることができます。ただし、強調する必要がある機能があります。

    任意の種類のイタリアループセットに、適切な量と1つ余分に入力します。ループは4本の編み針に分布しています。組版行の円への接続は、追加されたものが原因で実行されます。この追加の行は、取り外された結び付けられていない最初のループを通ります。したがって、必要なループ数は残ります。

    次に、最後に入力したループが最初になるように編み物を回転させます。最初のアイテムはさらに編まれ、次のパールは編まれますが、糸は作業前に残ります。シリーズの終わりまで。 2番目の行-前面のものは編まれませんが、作品の背後にある糸は単に取り除かれますが、間違ったものは単に編まれます。

    数行後、通常のガムを実行できます。

    この記事がイタリアの編み物の技術を習得するのに役立つことを願っています。編み物で頑張ってください!

    丸編みでイタリアのループを段階的に作成する方法

    • イタリアのループダイヤル方法を使用して、編み針でそれらを編み、別のループを編みます。
    • 次に、結果のループを4本の編み針に分配します。セットがねじれていないことを確認してください。
    • 追加のループを使用して行のセットを接続します。
    • 最後にダイヤルしたループが最初になるようにニットを回転させます。
    • 最初の列を中空のガムに編みました。丸編みする場合:片方の手前の間違った側を取り除き、糸を仕事の前に残します。
    • ガムの2列目を編みます。丸編みの場合:編み物をせずに、作業中の糸、1つの間違った側面を削除します。
    • 選択した方法で編み続けます。

    1x1および2x2サイズのループのイタリア式の編み針の製造の詳細な説明を示します。

    • 最初のループを編みます:人差し指に作業用の糸を置き、左手の親指に糸の端を置きます。そうすると、ループ付きの編み針が中央になります。
    • 親指にある糸の下に針を刺し、その下から人差し指の糸をつかみます。スポークを手前に引くと、最初のチェーンの準備ができました。外観では、顔のループのように見えます。
    • 編み針をあなたから遠ざけ、人差し指に行く糸の周りを回し、その下から親指に行く糸をつかみます。結果のループは間違ったループのように見えます。
    • 必要なステッチ数がダイヤルされるまで、パラグラフ2および3で説明されている手順を繰り返します。最後から2番目のループは継ぎ目がなければならないことに注意してください。列を固定するには、通常のセットと同様に最後のアイレットを編みます。ガム1x1の場合、偶数のループをダイヤルし、ガム2x2の場合、ループの数は4の倍数と2ヘムを足すべきです。
    • 最初の列を中空のゴムバンドで編む。次に、エッジを取り外してから、後部壁の前部ループを結びます。編み物をせずに次の間違ったループを削除し、作業前にスレッドが通過します。行の終わりまで繰り返します。最後のエッジループは、前壁の前面に編まれています。
    • 2列目を編むには、前壁の前部ループを編んで、作業する前に間違った側から間違ったループを取り外します。
    • 編み続ける:1x1の弾性ループをループにかけ、ループにゴロゴロと回ります。
    • Elastic 2x2:エッジループの後の最初の行では、フロントループを編んでいます。次に、逆と次の顔のループを逆にします。次に、前面の前面アイレットを編みます。 2つの縫い目ループを編み、次に1つの前ループを編みます。
    • 列の最後まで手順8を繰り返し、最後に2つのループとヘムループを結びます。

    イタリアのガムの改良版:エッジを選択してください!

    前の説明で説明したように、編み針でイタリアンガムを編む場合は、非常に特殊なエッジになります。どの製品にも適していません。したがって、このようなパターンの別のバージョンを選択できます。このバージョンでは、パターンは組版からすぐに「実行」されます。

    補助スレッドを使用したイタリア式のループ処理の説明:

    このようなセットには、コントラストのある色の糸が使用されます。糸はあまりフレークせず、まったく毛羽立ちません。そうしないと、この糸の溶解に問題が生じます。伸縮性のある編み物よりも小さいハーフサイズの編み針を使用します。たとえば、セットの場合は3mm、ラバーバンドの場合は3.5です。

      最も単純な算術演算を実行して、ループの数を計算します。たとえば、88ループをダイヤルする必要があります。したがって、追加のスレッドでは、ループの数は、行を円で接続するために必要な+ 1ループの半分です。 88:2 =44。45ループを収集します。慣れ親しんだ伝統的な方法でループします。この追加のスレッドはもう必要ないので、それ以上の作業を妨げないようにカットできます。 1列:メインヤーンを使用して、次のように列を編成します。* 1L、1H *。それで、私たちは列の最後まで編みました。最後のループはA、つまりLループの最初と最後になります。

    この列を丸編みの針またはストレートで編み、靴下に配る必要がある場合、この列の後にこれを行う必要があります。

    行を円で接続します。そのため、行の最後に追加のループを1つダイヤルし、前のループと編みました。これを行う方法がわからない場合は、MK「編み物を組み合わせる方法」をご覧ください。

      2行目:Nを編み、Lを削除し、作業中の糸。つまり、二重の中空ゴムバンドを編んでいます。 3行目:作業前に、編み物をせずに、編み物なしで糸を取り除きます。 4行目:そして、私たちは編み、そして、Lは仕事中の糸を取り除きます。

    次に、大きい方の編み針に行き、ゴムバンド1 x 1で編みます。

    2x2エラスティックバンドに切り替える必要がある場合、別のMKビデオ「2x2エラスティックバンドのイタリアのループセット」でそれを行う方法。

    補助スレッドは解消できます。

    私たちはガムのこのようなエッジを取得します。

    イタリア語を始める:新しいループ手法を学ぶ

    通常、編み針で「ループ」を愛する人は、パターンを選択し、さまざまなテクニックを練習し、製品の色を実験しますが、ループのセットにはあまり注意を払わず、同じ(古典的な)方法を使用します。弾性のために編み針でループを編むイタリアの方法を試してみませんか?最初は、やや紛らわしいかもしれません。しかし、何が何であるかを理解するとき、あなたはそれを愛するかもしれません、なぜならそれは仕事に別の始まりを与えるからです-ループは逆さまになったように見えます。

    アドバイス!サンプルを開始して、製品の幅の3倍の糸を取ります。偶数のループでは、エッジの後に最初のループを実行します。ループの数が2で割られていない場合は、エッジを編み返します。

    直編みから体積測定まで

    ファッショナブルな帽子、セーター、レギンス、襟や袖口を編むなど、円形に収まる製品をワードローブに補充する場合は、イタリアンガムも適しています。丸編みの針では、直線の針とは少し異なる方法で編みます。

ビデオを見る: EP 3 MIYAJIMA REI. OBSOLETE (2月 2020).